下半身太りとO脚

下半身太りとO脚

太るということはどういうことかというと、脂肪がたくさんついているか、水分がたまっているか、ということです。

O脚の人の脚は筋肉や骨格のバランスが悪いために、代謝がよくありません。そのため老廃物や余計な水分がたまりやすいのです。その結果、脚のむくみやだるさなどの症状を発生します。

水分もたまりやすいため、むくんでだるくてさらに冷えやすくなります。そのような状態だと下半身はむくんで太くなります。

お尻が下がる・スタイル悪化

O脚の原因の一つとして、臀部の筋肉が硬くなったり弱ったりしていることがあげられます。お尻がキュッと引き締まったスタイルの人は、脚のラインも美しいものです。

臀部の筋肉のコリを解放して、エクササイズで鍛えるようにするとヒップラインも美しくなります。もちろんO脚も改善され、それとともにむくみやだるさの症状もとれていくことでしょう。

ポッコリお腹・肥満

O脚の原因の一つとして、大腰筋の弱化があげられます。大腰筋がうまく働いていないと、極端に骨盤が前傾していたり、逆に後傾していたりします。

骨盤が傾くと、お腹のまわりの代謝が悪くなり、脂肪がつきやすくなります。ポッコリお腹や肥満になります。姿勢が悪いと見た目だけでなく肥満の原因にもなるのです。

また、お腹のまわりの筋肉は骨格だけでなく、内臓も支えています。筋肉が弱って内臓を支える働きが低下すると、内臓は重力により少し下がったところに位置するようになります。この下垂した内臓がポッコリお腹になります。

ポッコリお腹の原因は脂肪だけではないのです。筋肉の力が弱っていることにより、脂肪がつきやすく内臓が下垂しやすい状態になります。